危険物の脱揮・ペレット化

ストランドによるペレット化も可能な、危険物の脱揮装置を保有しております。

下記の3つの場合のいずれかに対応する場合は、弊社保有の3種類の危険物対応の脱揮設備を使用する事をお勧めします。

  • 残存溶剤が0.1%以下等の低残存溶剤目的の場合
  • 高沸点化学物質の脱揮を目的とする場合
  • 熱履歴を少なくする必要が有る場合

下記3種類の脱揮装置のどれを選ぶかは、処理する液の粘度、ポリマーの分解温度、溶媒の沸点等の性状から決定する場合と、二軸押出機にて脱揮テスト後決定する場合があります。
弊社では、これらの3種類のどの設備もペレット化装置を備えています。

脱揮装置一覧

脱揮装置名 生産性 耐熱温度 付帯設備  
二軸押出機 20Kg/hr 300℃ 熱媒循環装置(8室の各温調可)
ストランドバス 1基
ストランドカッター 1基
高粘度液用薄膜蒸発器(エクセバ) 30Kg/hr 300℃ ストランドダイ 1基
ストランドバス 1基
ストランドカッター 1基
フラッシュ 50Kg/hr 300℃

ペレット化装置

ペレット化装置名 生産能力 仕様
アンダーウォーターカッター 5~150Kg/H 脱揮だけでなく、縮合系ポリマー等の
ペレット化(丸ペレット・ミニペレット)も可能です。
ストランドカッター 5~150Kg/H ストランドカッター
  • 危険物の濃縮・脱水・ペレット化設備のご紹介 EQUIPMENT INTRODUCTION