人事教育制度

人事教育制度Institution

OJTを中心に実践に即した形で 仕事を覚えることを重視しています。OJTを中心に実践に即した形で仕事を覚えることを重視しています。

教育制度について

1. OJTによる教育制度

  • 新入社員研修

    就業規則、マナー研修、安全衛生研修など会社で働く上で必要とされる基礎的な研修を実施します。

  • 配属先研修

    配属先の業務を行う上での基本的な事項を座学、OJTを通じて研修します。

2. 各種勉強会について

高分子・有機合成に関する勉強会を実施しています。

3. 技術検討会について

月に1回、自分が受け持っているテーマに関しての報告会や検討会を実施しています。

4. 資格取得補助について

乙種第4類危険物取扱者の資格取得を必須としています。業務で必要とする資格取得に関しては、試験代、テキスト代、講習代を会社で負担し、資格取得を奨励しています。

人事制度について

当社では「自己評価制度」を導入しています。年に2回「実績報告書」にて仕事の実績、情意(取組や組織貢献への姿勢)を自己申告し、上司が評価を実施します。

評価実施後は、

  • 1. 実績と今後の課題に関する認識を共有化する。
  • 2. 課題解決に向けたアクションステップを共有化する。
  • 3. 対話の活性化により、上司と部下との信頼関係を強化する。

といった点を目的とし、上司による評価結果のフィードバック面談を行い、個人の能力が最大限発揮できるような職場環境づくりやフォローアップ体制の構築をしています。

また、自らの職務遂行能力、専門性を振り返り、今後の仕事の目標や将来の方向性を考える機会として、年に1回「自己申告表」を提出させ、人や組織の活性化に繋げています。

人事制度 図